40代既婚者に明日はない 脱サラ 起業悩み中

紆余曲折 40代既婚者、子持ちの心の葛藤を綴るブログです。口癖はパパはモテる。1973年3月生まれ。

そんなお金かかっているの? 一年のキャッシュフロー

f:id:oyaji45sai:20190308154320j:plain

お金ってかかる

 

退職を踏まえて、実際どれ程の収入が必要なのかざっと計算したところ少なくとも以下の通り約900万円は必要。(俺の小遣い抜き前提)

 

一番は教育費そして、月々の家賃。子供に学校を辞めてもらうわけにはいかないし、切り詰めるとして家賃の部分と考えている。

 

都内の家は比較的良い場所にあることから、築10年程経つが買った時よりも約600万アップ程で今なら売れているようで、昨年あたりから売却を嫁に相談しているが『友達と離れたくない、環境がどうだ』だと言って賛成は得られていない。(会社を辞めるという本気度が分かれば、気持ち変わるのではと願うが)

 

(年間出費)

 

 

年間(万円)

教育費

長女学費

132

 

長男塾代

48

 

雑費

36

生活費

20万 X 

12か月

240

ローン

毎月

180

ローンボーナス

年二回

100

雑費

 

100

総計

 

836

 

日本の平均年収 

 

一方で日本人の平均年収は約420万円だそうだ。あくまでも平均なので都市部と地方でも違うし、世代によってもかなり違うので一概には参考に出来ないが、正直とてもこの年収では今の生活はやっていけない。

 

世代別の年収を見てみると、私と同年代の40代半ばで700万円となっている、これであればまあそんなものだろうと納得出来る数字になっている。

それでも子供二人いて中学から私立に行かせる場合にはとても追いつかない収入である。

 

(世代別年収:統計局 全国消費実態調査

年齢

世帯年収

35~39歳

603万円

40~44歳

658万円

45~49歳

704万円

50~54歳

770万円

55~59歳

749万円

60~64歳

565万円

収入アップ・共働き

 

これを打破する為には支出を減らし、収入を増やすという事になる。最も収入を増やす手段として嫁に働きに出てもらうという選択肢があるが、その場合約30パーセント収入が増えているとのデータがある。

(共働き世帯の収入比較:家計調査)

 

共働き世帯 以外も含む

共働き世帯 のみ

 

夫婦だけの世帯

519万円

714万円

+38%

全ての世帯

616万円

784万円

+27%

 

一方で現実的にうちの嫁がどれ程稼げるのかを考えた場合に残念ながら何か特別なものがある訳でなくパートにでて年間100万円程度の稼ぎにしかならないのではと考えると今の会社を辞めるという選択肢はかなりハードルが高い。

 

こんな事を色々考えていると結局は中々退職出来ずで、多くの方が同じような気持ちでないかと考える。

 

独立、起業への踏み出しは本当難しい・・・・