40代既婚者に明日はない 脱サラ 起業悩み中

紆余曲折 40代既婚者、子持ちの心の葛藤を綴るブログです。口癖はパパはモテる。1973年3月生まれ。

起業を行うにあたっての準備 妻説得編 パート2

妻説得の為のプレゼン資料を作成中であるが、最後は下記文章で締めたいと考えている。

 

                 最後の文章

 

祖父の代から自営業の家に生まれ、身近に自営の厳しさも理解しているつもり。しかしながら、起業、独立は長年の夢でありその為に現在の会社にも就職したもの。

 

ご存知の通り学生の時から社長になるという夢を素直に語っていたのはご存知の通り。 入社22年を経て、会社には義理は果たしたと考えているしそろそろ自分の夢を追いかけても良いタイミングではないかと思う次第。

 

やらずに後悔するよりも、やって後悔したいと思う。夢は見ていても実現出来るものではなく自分から動かない限りは実現しない。

 

事業内容に関しても、人の為になる仕事でもあり顧客を幸せにする事業であると考える。 当初は厳しい収入になる可能性もあるが、一度の人生後悔なきように生きてみたいと切に願う。

 

また、何時までも夢を追いかける事も出来ないのは理解しているので、事業が軌道に乗る二年間を僕に与えて欲しい。

 

それで結果が出ないのであれば再度サラリーマンとして働く事とする。 当初は家族に辛い思いをかけるかもしれないが、出来る事なら一緒に協力していって欲しい。

 

何度も言うが、時代はかなりのスピードで変化している。 今迄色々と迷惑、心配を掛けて申し訳ないが、人生で最後のお願いとして納得頂ければと思う次第。