40代既婚者に明日はない 脱サラ 起業悩み中

紆余曲折 40代既婚者、子持ちの心の葛藤を綴るブログです。口癖はパパはモテる。1973年3月生まれ。https://lovers-party.com/

合コン 既婚者合コン編

 

f:id:oyaji45sai:20190314202208j:plain

皆さんは既婚者合コンに行った事がありますか?個人的な関係で主催した合コンメンバーが既婚者であったという場合と業者が主催する場合の二つがあると思いますが、今回は後者の方を報告したいと思います。

 

都内業者はいくつあるの?

確認出来ただけで、約18社程度都内で開催しているがその中で定期的にしっかりと開催しているのは8社程度である。

開催場所は?

都内であれば多いのが銀座、恵比寿、青山と言ったおしゃれなレストラン、バル、或いはホテル併設のレストランであったりバーで開催するケースが多い。

 

開催日、時間は?

通常昼の部と夜の二部構成になっており、昼は1215時、夜は1921時という業者が多い。

 

費用は

男性は810千円、女性はただから3千円程度(特別に大型会場やクルーズ船で実施する場合は価格があがり男性で12千円、女性も56千円取られる事がある。)。大体の業者はライン登録やお友達同伴でそこから5百円、千円引きとなっているので実際女性は2千円程度が相場のようだ。

 

参加者は?

既婚者合コンなので、既婚者が前提。業者によっては、バツイチ、未婚も大丈夫なところもあるが、未婚の方は普通のお見合いパーティー等に参加すれば良いので殆ど既婚者が参加者となる。

 

年齢層?

開催日によっても違うが女性、男性共に30代以上から50歳未満。男性、女性共に40代ー60までという日もある。

 

ここからは僕の体験談を書いてみたいと思う。

                                             体験談

会場はサラリーマンが集う千代田区某JR駅から徒歩3分程度にあるおしゃれなバル。人数は男女合わせて30名程(男女比1515)。費用は男性1万円の女性が2千円。時間は1820時の飲み放題。年齢層は30歳―50歳でテーマは『紳士淑女のお食事会』となっていた。

 

平日の18時スタートという事で店には他の客もいたが、我々だけがフロア貸し切り状態になっており、他の客は個室となっており、顔をあわさないように配慮されていた。

 

場所柄、時間帯もあるかもしれないが、男性は大体がスーツを着たサラリーマンが多く、自営業者らしきラフな格好の男性は少なかった。所謂オタクのような人はおらず、容姿は中以上。女性陣はほぼ綺麗目な格好をしており、こちらも容姿は中以上で34名は美魔女も混ざっていた。

 

一テーブルに男女3名が着席して、20分おきに男性がテーブルを移動して全員と話す形式になっていた。

 

                                    女性の目的は?

大体二つのタイプに分かれているように思う。

 

一つは旦那も家庭にも不満はないが、現状の生活に何か物足りなさを感じ、独身時代のようなドキドキした心のときめきが欲しいというタイプ。

このタイプは体の関係に重きはおいておらず、たまに美味しいレストランに一緒に行ったりして疑似恋愛を楽しみたい派。

 

もう一つは、旦那が嫌い。可能であれば良い人を見つけて離婚も辞さないタイプ。このタイプはエッチも含めた濃い関係も気にしない。

 

全体の割合でいうと前者7割、後者3割位といった感じか。

 

                                     男性の目的は?

こちらも大体二つに分かれるように思う。

 

一つは単純に女性好き。体目的。うまく遊んでやれというパターン。

二つ目は女性と同じで妻も家庭も問題ないが、現状の生活に物足りなさを感じ、若い時のような気持ちを取り戻しドキドキ感が欲しいタイプ。(ちなみに、僕はこの丁度中間位の目的)

 

             で、結局出会いはどうなの?その後もあるの?

結論から言えば出会いは多いです。既婚者であるという安心感(変な事はしない)、目的も一緒なので気が合えば独身者の合コンよりも進展早いと思います。

 

大抵というかほぼ100%何人かでその後二次会に流れる事になり、そこでは酔いもいい感じに回ってきて、ここでは書けないドロドロした本音トークが行われ、これぞ既婚者合コンという盛り上がりを見せる事になります。

 

興味がある方は一度社会見学として参加してみるのもいいかもしれません。下手にキャバクラ等に行くよりは楽しいと思いますよ。