40代既婚者に明日はない 脱サラ 起業悩み中

紆余曲折 40代既婚者、子持ちの心の葛藤を綴るブログです。口癖はパパはモテる。1973年3月生まれ。https://lovers-party.com/

儲かる副業、起業シリーズ 5 『婚活ビジネス』説明会に行ってきた その2

f:id:oyaji45sai:20190326174218j:plain


起業シリーズ3,4で取り上げたが、今回は業界No.1の某結婚相談所の説明会に参加してきたので報告したい。4との比較として読んで貰えればと思う。

 

加盟店

 

全国で約2000の加盟店を保有。都内だけで約700の加盟店があり、関東圏だけで半数の1000を保有。

現在地方での展開に力を入れている。特に東北地方の加盟店の数は現在約40社(北海道 13社、宮城9社)しかなく、今後の注力マーケットとしている。

特徴としては直営店が13あるが、加盟店との競合を避けるために会員数を押さえながら営業を実施。

 

集客

 

同社はパーティー事業も行っており、集客としては約50%がパーティー参加者からの流流入。30%が口コミ、残り20%が㏋からの集客になっている。

 

運営費用

 

加盟料とは別に月々の固定費としてはシステム使用料として約1.5万円/月、及び会員数に応じて必要な料金を本部に支払う必要あり。

10人の会員を保有して約2万円/月程度が必要。

 

会員への料金

 

他と同じで本部からは指示は一切なく、加盟店の自由裁量。

 

会員年齢層

 

業界として想定しているメインターゲット層は明確な年齢開示はなかったが、適齢期の女性と。男性は年収500万以上としている。

実際会員の年齢層は40代以下で75%を占めているので4で記載した相談所と一緒。

但し、20代、30代の若年層の会員が多く、シニア向けは少なくなっている。

 

年代別の割合としては以下(*は4の相談所)                                          

20代:7% (5%)

30代:45%(30%)

40代:38%(40%)

50代: 8%(17%)

60代以上:5%(9%)

 

年収別の割合

500万以下:17%

500-600:21%

600-700:20%

700-800:15%

800-900:10%

900-1000:6%

1000万以上:11%

 

成婚率

  

成婚数が明確に記載されており、それを会員登録数で割ると20%となっている。

 

儲かるのか?

 

固定費だけをカバーするのであれば2人会員を持つだけでよい。但し、実際生計(月収30万程度)を立てるとなる、25名程の会員登録が必要。

 

結論

 

4の相談所に比較すると、会員の年代も若く全てネットで完結する事業になっている。加盟料は決して安くはないがオーナーの年齢層も若く、会員数が多いというのも魅力。初年度で加盟料を回収するのは困難かもしれないが、中長期(2-3年)を掛けて回収するのであれば良いと思う。

 

結婚式上、住宅、保険事業等へも進出しており人生のワイストップショップとしての機能を目指しているようで、保険外交員、不動産の副業としてはシナジーが発揮出来そうに考える。

 

www.oyaji45sai.com