40代既婚者に明日はない 脱サラ 起業悩み中

紆余曲折 40代既婚者、子持ちの心の葛藤を綴るブログです。口癖はパパはモテる。1973年3月生まれ。https://lovers-party.com/

70代母が再婚したいと言ったらどうする。

f:id:oyaji45sai:20190316154818j:image

過去のブログにも書いたが、母は約10年前に父と死別し今は都内で一人暮らしをしている。元々アクティブな性格で友人も多く、普段は投資クラブに入って、株やビットコイン、外国のカジノに投資してみたり、はたやネットワークビジネスをしたりで外国にも結構な頻度で行っている。

 

たまに連絡をするとカンボジアにいたり、先日はイタリア旅行の写真をネットに上げていた。母は今年で72歳になるが、母には一応彼氏なるものがいる。彼も奥さんと死別しており、確か今年で75歳になるはずだ。名前は茂さんとしておこう。

 

僕も何度かあった事があるが、父とは正反対のとても真面目な人物。元銀行マンでお子さんは私とほぼ同じ40代後半の娘さんが二人いらっしゃる。母とは投資クラブで出会い、今は一緒に食事に行ったり、旅行にいったりしている仲だ。

 

そんな二人だが、お互いに現時点では再婚する気はないと言っている。母は結婚はもうこりごりで自由を謳歌したいと。幸いに友人も多いので死ぬときも寂しくはないと。茂さんも母がそういうのであれば、特に再婚をしたいという事はないと。

 

僕としては、再婚するもしないも本人次第という気持ちで正直どちらでも良いと考えているが、もし再婚となると以下の点は気になっている。

 

再婚する場合に気になる点

 

(1)相続問題
正直実家の財産は正確には把握していないが(母もはっきりとは言わずに、死んだ時に分かると。)、都内にマンション二つ、亡き父が残した一千万程の株があるのは把握している。


それ以外にも母は投資しているので、これがどの程度あるのかは不明だが、ビットコインがピークの際には3億をもっていた。(ブログのタイトル写真はその際に一部現金化したもの)


正直これらを茂さんに半分持って行かれるのは困る。逆に茂さんの半分を母が持っていくのもお互いの家族としては不満であろう。

 

自慢じゃないが、必ずこの点は揉めるので再婚する際はこの点を書面でしっかりと確認しておきたい。

 

(2)親戚問題
再婚するとなると、僕は茂さんの息子になるわけで茂さんの娘さん二人と義理の兄弟となる。

 

娘さん達とはお会いした事がないが再婚となれば彼女達の家族とも親戚付き合いをする必要があると考える。

 

血の繋がりのある親戚とも最近は疎遠な仲でいきなり他人家族と親戚づきあいをするかといえば、正直疑問ではあるがやむない事態もあるであろう。

 

(3)お墓問題
お墓をどうするのか?僕の祖父母や父が入っている墓があるが、母はどちらに入るのか?という問題が生まれる。僕自身はあまり気にはしないが、人によっては大きな問題として捉える人が多いと思う。

 

茂さんの娘さんとしても本当の母が眠る墓に継母が入るのは心良く思わないのではと考える。

 

 

結論

 
このような問題点を踏まえると高齢者の再婚というのは結構ハードルが高いと考える。人生100年時代と言われる中で高齢者の再婚も今後益々増えてくると思うが、結婚となると当事者だけの問題ではなく、家族を巻き込む話であり色々と難しい問題が出てくる。

  

こう考えると、今の母と茂さんの今の関係が一番良いのではと思う次第。僕自身は70歳で恋が出来るかどうかは分からないが、親が恋により活き活きと元気で生活をしてくれれば僕としてはハッピーである。

 

何時までたっても恋は人を若々しくするものだなとつくづく思う。