40代既婚者に明日はない 脱サラ 起業悩み中

紆余曲折 40代既婚者、子持ちの心の葛藤を綴るブログです。口癖はパパはモテる。1973年3月生まれ。

単身赴任中の心構え 人生の歯車が狂う前にしておくこと。

f:id:oyaji45sai:20190312024114j:plain

皆さんは単身赴任の経験はありますか?

 

プロフにも記載しているが、僕は僻地での人生初の単身赴任中である。多くの人がよく単身赴任中に浮気したり、心が病むと聞いていたが、それまでは全くの他人ごとで『そんなもんかね?』と思っていた。しかし、その両方を経験した僕からそうならないためのアドバイスを逆説的(赤字部分がポイント)に記載したいと思う。

 

食事をしっかりとらない

 

自分で料理もする方なので当初は自炊もしていたが、最近は基本昼一食しか食べない生活をしている。最初は腹も減りつらかったが、慣れてくると食べないで大丈夫になってきて、体重も減るのでダイエットには最適である。

食事をしっかりとって健康にしないと病気になってしまう。

 

運動をしない

僕の場合はどこに行くのも車の移動なので、基本的に動く事はしない。運動をするというやる気も起きないが、その分怪我のリスクも減る。食事も抜いているので、運動などすると余計に体重が落ちるので運動はしない方がよい。

運動して、気分転換を図る 

 

ストレスをためる

ストレスを極限までためて、鬱となる。そうすれば単身赴任から脱却出来る道が開ける。

ストレスをためない。鬱にならないようにする。 

 

彼女を作ってみる

単身生活なので、彼女を作ってみる。色々な人と触れる事により自分の人生観が変わり、転職や退職を考えるようになる。

彼女は作らない。家庭内不和の原因はつくらない。あえて人生観を変えなくてもよい。

 

友人は作らない

相談する相手は作らない。自分で思い悩む事により人間として成長することが出来、孤独を楽しむ事が出来るようになる。

友人をつくり、愚痴を言える仲間を持つ事によりストレスを抱えない。

 

単身赴任に出てみる。

人として一皮むける為に単身赴任をしてみる。

あえて冒険する必要はなく、そもそも単身赴任などしなければ何の問題もおきない。

 

まとめ

人は環境により大きく左右される生き物であり、時間と共にその環境に適用していくかもしれないが、年齢と共に適用能力も落ちてくるので中年の単身赴任はおすすめしない。(年齢と共に海外では日本食しかたべなくなる。)

 

僕が知っている先輩方も単身赴任後に退職したり、離婚したりする方が結構いたりで自分は大丈夫だと思っても注意をして家族とも日頃からコミュニケーションを取る事をお勧めする。勿論、たまには彼女とラインしてみるのもいいかもしれない。

 

添付画像は私の悩みなどつゆしらずハワイ旅行中の彼女からの写真で、『会社やめちゃうなんて勿体ない。』とのラインメッセージ付きであった。